文部科学省 地域イノベーション戦略プログラム(国際競争力強化地域)とくしま「健幸」イノベーション構想推進地域
徳島 健康・医療クラスター構想(平成21年度~平成25年度)について

 徳島地域では、平成21年度から平成25年度まで、文部科学省から知的クラスター創成事業による支援を受け、「徳島 健康・医療クラスター構想」に取り組みました。
 「徳島 健康・医療クラスター構想」では、本地域に、徳島大学糖尿病臨床・研究開発センターをはじめとする高度な研究機関や大手製薬企業、高いものづくり企業が集積するとともに、「糖尿病死亡率ワースト1」の返上に向けて、行政・県民が一体となって、様々な取組を実施している特性を最大限に生かし、世界共通の課題である「糖尿病克服」のため、「世界レベルの糖尿病研究開発拠点」の構築を目指しました。
 研究開発の進展に伴って、国内外から研究者・企業関係者が集い、また、臨床体制の充実を伴って患者が治療に訪れる、糖尿病に関連した人・モノ・情報が世界中から集積するグローバルな拠点形成を目標といたしました。
 生み出された成果は、平成26年度にスタートした「とくしま「健幸」イノベーション構想」にも引き継がれ、引き続き糖尿病重症化抑制に焦点を当てた研究開発等に取り組んでいます。また、国の関係省庁や企業資金等を活用した取組により、さらなる成果の拡大、展開に取り組んでいます。



事業概要

 徳島大学糖尿病臨床・研究開発センターでは、研究分野と臨床分野とが密接に連携し、体系的に研究ができる体制を活用し、遺伝子から器官までを統合的にアプローチする手法を用いて、糖尿病の予防に重点をおいた研究開発を行いました。産学官が一体となり、研究成果の事業化を推進し、検査診断装置、食品、医薬品、医薬品素材、さらに、そこから派生するサービス事業も含む裾野の広い健康医療関連産業の創出を図りました。


研究開発テーマ

1
糖尿病克服に向けた先進的臨床研究
 1,400人規模のデータを収集し、糖尿病・メタボリック症候群の原因から結果に至る全過程を明らかにするコホート研究を行うことで、糖尿病の因子を同定し、以下のテーマの事業化をサポートする。

2
糖尿病および関連疾患の診断法及び検査・診断装置の開発
 糖尿病の早期診断を行うために必要な遺伝子・タンパク質レベルでのマーカー探索法を確立し、有用な診断マーカーを同定することで、糖尿病の新規な検査法・診断措置を開発する。

3
糖尿病の新規治療法の開発
 糖尿病患者は大血管合併症のリスクが高いが、現在では血糖を制御するしか治療法がない。ここでは、小胞体ストレス応答という独創的な観点から発症を抑制する新規化合物スクリーニング法を開発する。

4
糖尿病および関連疾患の発症・進展を防ぐ食品・医薬品素材の開発研究
 地域特産物の肥満・糖尿病抑制効果の検証及び機能性成分の分離・解析を行うことで、嗜好性に優れ食品として満足感を与える新規機能性食品の製造技術を確立する。

5
糖尿病の1次、2次予防支援サービスの提供
 先進的な糖尿病診断、食事・運動療法、ICTを用いた身体状況の「見える化」等によって糖尿病を予防する研究を行う。

各研究テーマの具体的な研究内容については、「徳島 健康・医療クラスター」事業パンフレットをご覧ください。


主な事業成果

1
研究開発成果
(1)先端的研究者の集積
 国内外の大学から糖尿病に関する先端的な研究を行っていた研究者を徳島大学に招聘し、人材の集積を図りました。うち海外からは研究者10名を受け入れています。

(2)論文執筆による研究の認知度向上
 5年間で274報の査読論文を執筆しました。執筆した論文はDiabetes,MBC,Natureなどに掲載されるなど、世界的な研究拠点として認知度が向上いたしました。

(3)知的財産の創出
 本事業から、国内特許51件、海外特許26件を出願し、事業化に向けた知財確保を図りました。また、特許技術を基にした大学発ベンチャー企業が設立されています。

(4)糖尿病研究開発拠点の基盤整備
 平成22年度に糖尿病の予防・重症化の阻止と健康寿命の検診を目指した研究と診療の推進を目的とした糖尿病臨床・研究開発センターが徳島大学に設立されました。
 平成25年度には研究組織等の枠を越えてプロジェクト研究を推進する「オープンラボ」や、独立した研究スペースとして利用が可能な「共通機器室」などを備えたオープンイノベーションの拠点として、藤井節郎記念医科学センターが徳島大学に設立されました。

(5)産学官の連携基盤の強化
 県内企業53社が本構想に参画するなど、徳島地域の総力を挙げて取組を実施いたしました。また、県外企業29社、海外企業5社が本構想に参画いたしました。 

2
事業化成果
(1)血管内皮機能検査装置(ハイスペックモデル)と解析ソフト
 薬事法に基づく日本での製造販売承認を受けました。さらに、中国国家食品薬品監督管理局からも医療機器承認を受け、国内外で販売いたしました。
(2)糖尿病の先進的な検診プログラム
 「徳島 健康・医療クラスター構想」で開発した血管内皮機能検査装置や介入プログラム等を導入した「徳島ならでは」の先進的検診プログラムを開発し、中国からの訪問者向け医療観光を実施するとともに、医療通訳の育成等を行いました。
(3)スダチ果皮等を用いた食品やサプリメント
 動物実験において血糖上昇抑制効果が認められたスダチ果皮等を利用した「健康食品やサプリメント」など、徳島県内企業により25件が事業化・商品化されました。事業期間中の売上額は6億円を超えます。

(4)食事・運動療法
 糖尿病の予防と治療の根幹である食事・運動療法について、エビデンスに基づくガイドラインを作成し書籍化しました。また、これらのガイドラインを活用し、県内のホテルや食品加工会社が新たな商品開発を行いました。

その他の成果については、事業成果概要をご覧ください。


公益財団法人 とくしま産業振興機構 産学連携推進部
〒770-8021 徳島県徳島市雑賀町西開11-2 産業技術共同研究センター内
TEL: 088-669-4757 FAX: 088-669-4759
サイトポリシー Copyright © 2014 Tokushima Industrial Promotion Organization. All rights reserved.